CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
DIPS実録レポート 曖昧排除・凡事徹底
DIPS実録レポート 曖昧排除・凡事徹底 (JUGEMレビュー »)
小林 忠嗣
昔、社員研修でレポート書きました。勉強になりました。
RECOMMEND
RECOMMEND
レストランサービス英会話
レストランサービス英会話 (JUGEMレビュー »)
林 ひろみ
英語で接客できることもこれから必要?!
MOBILE
qrcode
手づかみウエスタンダイニング?!
0

    本日、たまたまお店の前を通りかかったら、知人社長のところにいた、スタッフさんが独立してニューオープン!!
    知り合いのバーマスターともご一緒に一枚。
    | - | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
    サントリー田中さんと
    0




      サントリーもと松山支店長の田中さんと松山で偶然にも再会。
      懐かしい
      京都でバリバリ仕事をされているそうで、仕事抜きにして本音で話せるかた。お会いできてよかった。
      | - | 08:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
      一眼カメラ談議しながら飲みたい
      0

        今までも料理写真のカメラ撮影は、
        極力自身で行なってきたが、
        ここに来てさらに、深い技術を学びたくなった、

        そもそも、メニューブックなどに載せる料理写真を依頼すると、一枚2千円から5千円程とられるのが相場。
        それを50枚お願いしま〜す、、
        なんてなると10万から25万程に。

        パシャッと一枚で高いわっ、、となる。まー実際は一構図に5枚は撮るから時間も、精神的にも疲れる、、
        また、
        確かに、光量、絞り、照明のあたり、画質、構図、ぼかし、センスなど技術の組み合わせは、山ほどあるらしいが、それは、あくまでもど素人から見たプロの世界の話。

        ある程度基礎を身につけてくると、それなりの写真は撮れてくるのが面白い。
        もちろん生業とされている
        プロにはかないませんが、、^_^;

        自分も店内、外観、接写などであれこれ独学で学び、気がつくと5年程、、
        今では知り合いのカメラマンと、あれこれカメラ談義して、知識を身につけるのが楽しくなっている。


        今は、Velbonの長尺1800の三連三脚とRIFAの6灯照明が欲しい、、
        オークションで安かったら買おかなと、、
        まーなんせ夢中になれる事があることはいい事か、、
        | - | 06:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
        手帳も帳票もノーペーパーの時代
        0


          昨日は東京、六本木でGEMBA NOTEの講習。
          手帳も手書きから流石に、デジタル管理の時代。


          ちょっと前までは、電子手帳なるクソみたいな製品があって、いちいちスケジュール入力するだけでストレスやわ!
          みたいなものもあって、やっぱり手書きでto do管理することこそできるビジネスマンの象徴みたいな時代もあった。がしかし
          その時代は、終わりを告げるだろう、、 とはいえ、今までのように、
          iPad上でApple Pencilで手書きするだけなどで、さほど今までと、変わるわけではない、、
          手書きの即効性の良さも残しつつ、キーボード打ち込みや、デザイン作成機能など多種にわたる。

          このApple Pencilが、素晴らしい製品で、他のどのタッチペンとも比較にならないほどに字がスムーズにに書ける。
          10000円の価値はある。

          なので、デジタル上の手帳フォーマットを自由に作成して、グーグルカレンダーなどと連動させて、スケジュール管理や帳票管理ができる。
          なおかつ、クラウド上で一元管理ができるというすごい代物で、その人のための講習。

          すごい時代だ。
          | - | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
          沖縄 開業支援 食KING オープン!
          0

            遂に食KINGがオープン。

            まーいろいろあったけど、
            スタッフさんにも恵まれ、
            今は家族のような関係^ ^


            1.オープンから支援契約
            2.契約から開業まで
            3.開業から契約まで

            様々なプランがございます。

            どれにも共通するのは、
            飲食店をだしたい、成功したい、日本で一番の感動サービスをだせる店にしたい、



            いろいろありますがら心がある人達と一緒に仕事ができた瞬間が嬉しい

            | - | 05:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
            沖縄支援事業 途中経過
            0


              だいぶできてきている
              ここから人のマインド教育から、
              スキル、メニュー開発、

              サービス対応、マネージメント
              販促他まで
              本格的支援が始まる
              | - | 06:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
              椎間板ヘルニアと座骨神経痛
              0

                日曜日に救急病院へ
                腰の激痛と右足の痺れ。

                もともとアメフトの時にヘルニア発祥と
                ついでに右足靭帯断裂で、ほぼ選手生命は終わった、、 人生ではじめての痛みを水曜日まで寝たきりで経験し
                精魂尽きて、最後の望みで、ブロック注射をしたところ、めちゃラク。

                これなら明日から沖縄行けそうか、、、
                | - | 03:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
                ホンマルラジオ開局!
                0




                  高井社長の開局祝いに参加。
                  しかも
                  第1号パーソナリティとして契約することになります。
                  これから飲食事情など本音で、いろいろなゲストの方とワイワイ話せたらいい^ ^
                  | - | 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  ナッツフォードのビアカンチキン!! 
                  0



                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    10種類ものスパイスで漬け込み

                    焼く前に更に塗りこむ。

                     

                    5ヶ月試行錯誤で完成したナッツフォードの看板メニュー。

                    まだ食べてない方は、是非食べてみてください。

                    鶏が苦手な方も、スパイスの香りとジューシーな旨みに

                    はまります!

                    スタッフが最後は目の前でチョキチョキカット致します。


                     

                     

                    | - | 02:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    ナッツフォード出店〜風評被害〜大事なもの〜
                    0

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ナッツフォード出店に際しての根も葉もない噂をよく耳にする。

                      最近もまた知人から聞いた、、

                      もう我慢ならんわ〜、、、そんなことはないが、、心中穏やかではないな。

                       

                      理由は、自分の中の純粋で大事なものを、

                      その人間が汚し、傷つけようとしているから、、

                       

                      本人に直接問いかけると、おそらく今は感情的に、

                      若い頃のやんちゃな自分になってしまう気がするから今はやめておこう。


                      何度も以前に書いたものを、アップするべきか我慢してきたが、

                      よし、とりあえず載せてみようか 

                       

                      ここから↓

                      ーーーーーーーーーー

                      今回のナッツフォードテラスの出店(オープン2017年12月4日)について、


                      先に近隣にオープンした知人が発言している内容を、別の知人から聞いたが、

                      まったく誤解した内容を、周りに話しているようなので、ここに説明しておきます。

                       


                      内容1)

                      K氏がオープンすることを知っていて、「自分の店の近くで普通、店を出す?」

                      と発言していることを聞きましたが、

                       


                      回答)

                      ナッツフォードテラスを物件契約して約2ヶ月後(8月末)ぐらいに

                      K氏の店舗が近くだと、たまたま知りました。

                      その数日後に彼がこのような事を言っていることを知人から聞かされました。

                      恥ずかしながらK氏のオープン日(9月ぐらい?)の知らせも、私には何もなかったので、笑

                      オープン日を知ったのもオープンした後の事です。

                       

                      また、ナッツフォードの今回の出店は大阪で飲食店を経営する知人社長の店を

                      ベンチマークしてこの物件が最適だと判断して出店しています。

                      また、今回のナッツフォードが、そもそもK氏の店と、規模、経営手法も競合するとも考えていません。

                       

                       

                       

                      内容2)

                      卵カツサンドメニューがかぶることについて、真似ていると周りに勝手に思い込ませて弊社に、

                      名誉棄損、風評被害ともとれる内容を、私になんの確認もしないで話していることについて。

                       


                      回答)

                      もともと卵カツサンドを提供するお店は東京のNEWYORKウィッチィーズというサンドイッチ店と、

                      K氏が出店する3年ほど前に大阪でオープンした私の知人の心斎橋サンド、北新地サンドを

                      やっている社長のお店が発祥です。

                      その大阪のサンドウィッチ店を、別の知人を通して紹介されたのが、ナッツフォードを物件契約

                      する1年前(K氏が出店する1年以上前)のことです。

                       


                      その際に、卵カツサンドを松山でも出すことが話題にのぼりました。

                      今回ナッツフォード近隣にオープンしたK氏の店の1年以上前からすでに弊社の構想に入って

                      いたということです。

                      現にサンドウィッチのテイクアウトのオリジナル箱まで作っています。

                       


                      まとめ)

                      K氏の発言が周りに対して、私や会社の信用を傷つけるような話を多くの知人を通して聞いて、

                      正直、心中穏やかではないです。

                      どれだけの人が、私の事やお店の事を今でも誤解しているでしょうか。

                      彼の事を、同じ飲食店をやってきたものとして、家族を背負う一家の主としてみた時に、私に確認もせずに虚偽を

                      しゃべるその人間性を見て、彼の事を情けなく思います。

                       


                      今後の対応ですが、今すぐどうこうは考えていませんが、彼の出方次第だと考えています。

                      私には、多くの従業員とその家族の生活を守る責任があります。彼の無責任な発言が従業員の

                      家族にまでつらい思いをさせるかもしれない事を彼は考えたことがあるでしょうか。

                       


                      いつか、周りの誤解している人に対して、タイミングがあれば、「この文面」を読んでもらって誤解が

                      とければいいと考えてこの文章を書きました。

                       


                      最後に)

                      弊社は15年間飲食経営をしてきた会社です。

                      それまでに多難な時期もありました。

                       もし今回のようなことで、多くの経営を志すものが風評被害をうけるようなことがあるなら、

                      飲食業界そのものがおかしくなってしまいます。

                       


                      店舗を出店する際は自分の都合観点だけではなく、他に出店する店舗にもいろいろな

                      理由が存在するはずです。

                      これから純粋にお店を出店したいと願う若い子たちの夢、可能性を、既存の経営者の、

                      わがままな無知な都合で惑わすことは最低な人間でしょう。

                       


                      彼がいつか、この文章を読んで、私と誤解をしている人に対して、自分が間違っていたと

                      認めることができるなら、その後は、お互いを高めあえるようなそんな関係でありたいと願っています。

                       

                      2018年2月23日記述

                      (有)アクティブ・フィーリング

                      代表取締役 鎌田 哲郎
                       

                       

                      | - | 02:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      | 1/14PAGES | >>