CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
DIPS実録レポート 曖昧排除・凡事徹底
DIPS実録レポート 曖昧排除・凡事徹底 (JUGEMレビュー »)
小林 忠嗣
昔、社員研修でレポート書きました。勉強になりました。
RECOMMEND
RECOMMEND
レストランサービス英会話
レストランサービス英会話 (JUGEMレビュー »)
林 ひろみ
英語で接客できることもこれから必要?!
MOBILE
qrcode
<< 沖縄支援事業 途中経過 | main | 沖縄 開業支援 食KING オープン! >>
飲食同業のSさんとの苦い思い出
0

    えー今更だけど、
    とにかく街中の誤解が多く、
    ちゃんと書き記す。

    さかのぼること5.6年程たつかな、当時37歳ぐらい。
    ある親しい同業の飲食の3つ上の方(S氏)
    と久しぶりに、飲む機会があった。

    そこで、もう一軒という流れで、知り合いのカラオケバーに行ったわけです。

    なんだかんだ飲んでる最中に、仕事の話しになり、
    お前ら49会(49年生まれの街中の飲食仲間)は、しょうもない集まりで、、と、なんだかんだいつもの言われようの話になったわけです。

    その先輩いわく、ただ集まって飲むだけで、本当に互いの人生のことを支えあうわけでもなく、飲んでるだけで何が楽しいんだ、、みたいな事になるわけです。
    さらにことの発端は、
    数年前に先輩のお店が閉店する際に、いつもその店を出入りしていた49会で、
    そこで働く49会スタッフと、おつかれさま会をしたわけです。

    しかし、その会を見て、
    先輩は、お前ら閉店する店でよく楽しく飲めるな、、
    となったわけです。

    私は日本からその時離れていて、
    その場にはいなかったのですが、確かに間違ってない事ではある。

    しかし、お世話になった先輩のお店で最後に会を開く事に、悪気はないのも事実だったはず。


    ここからですが、
    その事を、私にお前らの集まりなんか、、、どうのこうのとなり、しまいに、私の会社の店のことまで、どうのこうのになり、
    詳しくは、俺は一から屋台村とか、小さな店からやってきたけど、
    鎌田くんは、いきなり大阪から来て、店やってみたいな事を、ダラダラいい始めたので、酔っ払いやん、、笑
    これ以上うちの従業員含め、会社のことに、ケチつけるんでしたら、

    ぶん殴ります。 笑 と言うと、

    殴ったらええわ、お前の店は、どうのこうの、、、、

    内心もう無理やわ〜となり、
    ぶん殴ったわけですな。



    もちろん、何があっても、殴るのはあかん事も心得ています。

    後日、殴った事は謝りました。

    ですが、あれは、今でも忘れられない、正直、悔しい出来事だったな。


    そもそも、俺がなんかしたのかと。
    自分は、苦労したのにお前は、いきなり店出してと思てるんなら、先輩違いますよ。
    あなたは、松山の都市で頑張ってこられたのでしょうが、その間、わたしは、
    大阪、東京、京都で料理修行から、経営ノウハウ、コンサル会社、海外での仕事までを、キャリアアップでのしあがって掴んできました。
    大都市で1人で社会人でサポートなしにのしあがるためには、人の3倍のスピードで仕事ができるようになれと、上司によく言われました。

    現に周りの地方都市出身のやつらは、ほとんど消費者金融で借金まみれで、田舎に引っ込んでいきましたよ。

    その時は、実家から通ってる奴らとか羨ましかったですよ。
    車通勤で、家事炊事、親がやってくれて、仕事だけやればいいわけだし、終わったら毎日そいつらは、飲み倒してましたよ。

    その点、私は、毎日2時間電車に揺られて往復して、帰ったら洗濯。
    ご飯は、ご飯ですよにマヨネーズ。
    たまに、社長が飯連れて行ってくれた食堂の生レバー丼美味しかったな〜

    とまー自分の苦労ばなしは、さておき、そんな状況で、 朝家でて、吐く事もあるぐらい過労でも働き倒しましたよ。


    そんなこんなで最終キャリアが、350人中5人の採用枠に入って、
    当時いけいけのベンチャーリンク出身とい経歴をひっさげて、松山で保証協会と銀行から3000万借りいれができて出店したんですよ。
    こういっては、なんですが先輩が苦労したのも認めます。でも松山の街で毎日、酒も飲めて楽しい当時の時間の思い出話を人ずてに聞くと

    それだけでも私からすれば羨ましいですよ。
    そんな時間すらないぐらい、とにかく仕事とそれ以外の時間で、準備の勉強やってましたから。じゃないと、のしあがれないし給与も安いままでは、生活できないから。
    かといって思わぬ出費もあるし、
    最初の頃は、やっていけないんで畑で野菜盗んで、、笑 やりくりしてましたよ。

    それで、あのバーでの言われようはあの時は、若かったせいもあるし許せなかったんですね、、


    というのが、あの時の心境だったのでここであらためて書き記しておきたい。
    とはいえ、Sさん、あの時は、ごめんなさい、、またゆっくり飲めたら飲みましょうね。

    長くなりましたが誤解やら、
    世の中は、いろいろあるが
    頑張るしかないか、、
    | - | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://t-kamada.jugem.jp/trackback/163
    トラックバック