CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
DIPS実録レポート 曖昧排除・凡事徹底
DIPS実録レポート 曖昧排除・凡事徹底 (JUGEMレビュー »)
小林 忠嗣
昔、社員研修でレポート書きました。勉強になりました。
RECOMMEND
RECOMMEND
レストランサービス英会話
レストランサービス英会話 (JUGEMレビュー »)
林 ひろみ
英語で接客できることもこれから必要?!
MOBILE
qrcode
<< 新事業について | main | 中手骨骨折から骨がつかない >>
安倍さん辞任 北方領土についてまとめます。
0

    北方領土問題について、これから書く事は、皆さんほとんど知らないとおもいますが、私もいろいろと教わる機会があり
    この際なので、
    北方領土問題の真相を書き記します。

    1951年サンフランシスコ平和条約で、
    日本の領土破棄についてだが、
    当時、千島と樺太は没収された。
    しかし、日本は 歯舞色丹に意義を唱えるだけで、 国後択捉までを唱えなかった日本の 責任は大きい。

    この事は、鈴木宗男さんも指摘されている。
    もともと、北方四島は江戸末期に平和的にロシアと結んだ 1855年 日露和親条約で、
    択捉島までは日本の領土と明記され基になっている。

    冒頭のように大東亜戦争前までは、 南樺太、千島列島全域が日本のものだった。
    しかし終戦間際の 連合国のポツダム宣言にソビエトが後で加わり、
    日ソ中立条約を破り侵攻し今に至る。


    その後 平和的取得ではないとして、 サンフランシスコ平和条約で没収された事が経緯だが、

    そもそも樺太は、どちらの領土でもない、混住の土地だった。 1875年の、樺太千島交換条約で、明確にしただけ。 そこに、日露戦争の戦勝品として、 あらためて1905年のポーツマス条約で、
    南樺太が日本のものになるが、

    なんで、日本が、南樺太も、千島も 没収されないといけないのか、、

    それは、ワルタ密約会議のアメリカとロシアのそもそもの権益にあり、日本はアメリカから ロシアに売られた。

    だから、北方領土問題は、実はアメリカにも 責任がある。


    また、
    .日ソ共同宣言1956年において

    宣言内容のひとつに、 日ソ両国は引き続き平和条約締結交渉を行い、条約締結後にソ連は日本へ歯舞群島と色丹島を引き渡し(譲渡)する。
    とあり、平和条約がいまだにロシアと結ばれていないのは国後島択捉島までを返還要求する日本との対立が残っているからでもある。


    ざっくり言えばこんなところではないでしょうか。

    結論
    サンフランシスコ平和条約で
    きちんと北方四島の歴史を説明して
    異議を唱えなかった日本も非がある。

    敗戦国としてなかなか主張できない立場にあったが、あの時に歯舞色丹だけでなく国後択捉までを異議を唱えていたら、2島返還論もなかったし、四島返還がロシアとの協議の内容になっていたはず。

    もう一つは、ワルタ会議での
    日ソ中立条約の破棄をアメリカ、連合国がロシアに迫り、その見返りとして千島、樺太の侵略を認めていた事。

    それにより今の北方領土問題が残るようになった。
    その原因を作ったのは、西側諸国にも責任はある。

    とはいえ日本は大東亜戦争の敗戦国です。



    戦後のGHQの存在にしろ 所詮、日本の正論は通らないこともあるのが戦後の日本の成り立ちです。

    なので、北方領土問題について
    これから日本を背負う若者にこの事実を知ってもらい、

    過去の樺太、千島の経緯やサンフランシスコ平和条約には関係なく、

    そもそもの日露和親条約に基づき
    正式な平和条約に基づいた日本に返還されるべき領土なんだとゆう事を、

    何十年何百年と日本の歴史を
    理解し、語り続けてもらいたい。
    | - | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック